FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近はどこでもそうなんだけど、撮影がデジタルになってから、とにかく撮影枚数が増えた。
そして、掲載の枚数も結果的にかなり増えている。
例えば、この前、小学校の学芸会を撮影したんだけど、撮影枚数は4000枚ぐらい。そこからいらないのを削っても、かなりの枚数が残ることになる。
この残った写真たちを保護者の方に見てもらうわけだけど、とにかく「枚数が多くて大変だ」と言う声をよく聞く。「我が子がどこに写ってるか分からない」とか。

んーー、そりゃまあ、たくさんあるわけだから探すのは大変かもしれないんですけども…。


こちらの想いとしては、たーくさんある掲載写真を見て、その内容を想像したり、あるいは思い出したりしながら、楽しんでほしいんですよね。
単純に購入する写真をどれにするか選ぶために一生懸命見るんじゃなくて、「あーこんとき僕はこんな顔してる」とか「○○ちゃん、楽しそう」とか、何でもいいけどとにかく“我が子を探すだけ”じゃなくて楽しむ目で写真を見てもらえると嬉しいんです。

僕自身が写真を選ぶ方の立場になることもあるわけだけど、そんな時も自分の子を探すのももちろんあるけど、それと同時に他のいろんな子の表情なんかを見て、家族で楽しんでるんだよね。
そうすると写真がたくさんあっても苦じゃないし、むしろ「もう終わり?」なんて時もあったりして。
そんな中で気に入った写真があれば買うしね。

それが僕の理想。
たくさん買ってもらって嬉しいのもあるけど、保護者の方から「この前の写真、みんな楽しそうで良かったよ」って言ってもらえたらめっちゃ嬉しいです。その中でついでに「うちの子もいいのがいっぱいあって、思わずたくさん買っちゃったよ」ってなれば商売としても理想的ですね。

なかなか…。


スポンサーサイト
2012.12.06 Thu l お仕事の話し l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://photooon.blog14.fc2.com/tb.php/108-85f006c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。