FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
保育園やら幼稚園に行くと、やたら子どもが寄ってくる時がある。
好かれてるんだからまあ良しとしなきゃいけないわけだけど、もんのすごいジャマな時もあるわけですよ…。
あんまり調子に乗らせてしまうと仕事どころじゃなくなってしまうし、かといってガツンと注意するのもどうかと思う。ひとんちだし。

子どもに嫌われるよりは好かれる方が良いのは当然。だけど、まとわりつかれると大変。
ではどうするか。
ここが結構難しいわけです。

僕の場合、基本的には注意するようにしている。ジャマされると撮影ができないからね。
まずは先生たちと一緒で、やさしく注意。次もやさしく注意。でも、三回目あたりになると怒る
そりゃ、怒りたくなんかないけど、これはしょうがない。
子どもは「注意されてるけど、ふざけてるから大丈夫」って思ってるから、ガシッと腕を掴んで眼を見て「嫌だって言ってるよ。言ってることわかるね!?」なんて言って “ふざけて言ってるんじゃないんだぜ” オーラを感じさせると、たいていはまあ、分かってくれるかな。

けど、コレがどこでもできるわけじゃないんだ…。
ある程度様子が分かっている園だったらいいんだけど、お初の現場なんかで園の様子とか先生の雰囲気がつかめていないときは、こちらが子どもにどうこうはちょっとできない。
結局、お茶を濁す感じになっちゃうんだよなぁ。

誰か、なんかうまい方法あったら教えてください。
スポンサーサイト
2012.01.27 Fri l お仕事の話し l コメント (0) トラックバック (0) l top
幼稚園で、毛筆の授業をしているところがある。
ちゃんと外部の先生を招いて、本格的な習字。
すごいなあ、と思った。

小学校でも、最初から毛筆はやらない。
地域によって違うのかもしれないけど、ムスメの小学校では毛筆は3年生から。それまでの習字は硬筆。つまり鉛筆だ。
3年生で習う毛筆を幼稚園から触れておくと言うことに意義があるのかどうか、僕は幼児教育の専門家じゃないから分からないけど、もし早いうちからやっておいてちょっとでも興味を持てたり習字が好きになれるなら価値はあるんだろうな、とは思う。
けど反対に、あまり小さいうちからやることによって、うまくいかずに苦手意識を強く持ってしまったり、毛筆をやりたくない! という気持ちになってしまう子もいるんじゃないか、という気もする。

難しいもんだ。
スポーツでもアートでもなんでも、成功している人たちはみんな子どもの頃からやってる事が多いけど、たまたまそれがその子に「当たった」から良かったわけで、その何倍もの子どもが「やったけどダメだった」ってことでしょ。
才能を見抜く親の眼なんだろうなー。

でも、毛筆は親じゃなくて幼稚園。
うーん…。
嫌いにならないようにしてあげてほしいよ。
2012.01.20 Fri l お仕事の話し l コメント (0) トラックバック (0) l top
話題のミラーレス。
ちょっと前からどんなモノかと気にはなっていたが、とうとう我が家にもやってきた。

120119_2208~01

PanasonicのGF2と言うやつ。
ズームと単焦点のダブルレンズキットです。

今はGF3が最新型なんだけど、そっちは格好が悪くてパス。
新しいラインでGX1というのも出てそれはとっても格好いいんだけど、まだまだ高すぎる。仕事で使うつもりはないから、あんまり払えないのよ。
というわけで、GF2。
これは格好もいいし、GF3が出てきた関係もあって今はすごく安い。お買い得。

さて、実際に使ってみると、なかなか面白い。
タッチパネル方式を採用していて、ピントを合わせたりシャッターを切ったり、いろんな事がタッチでできるというのがウリのこの機種。使う前は「タッチはあんまり…」と思っていたけれども、すぐ新しいモノに拒絶反応を示すのもオッサンの証拠か、ということでちょっと頑張ってみた。
すると、けっこう使えるし、面白い。タッチシャッターは手ぶれの原因にもなるけど、タッチでピントを合わせるのは便利だな。
このカメラ、ファミリーカメラには最高そう。フォーカス早いし、感度もコンデジに比べたらけっこうイケる。
画質はまあまあってとこだけど、これはレンズによるのかな。ファミリースナップには問題なし。

全く、すごいモノが出てきたもんだ。
今までの伝統的な一眼レフなんて、ぜんぜん関係ない。
何せ、ミラーレス。ミラーがないんだから。

写真家のハービー山口さんが言ってた。
『ミラーレスのことの始まりは「うちの会社には一秒に何回もミラーを跳ね上げ、また寸分も違わぬ位置にミラーを戻す技術もないなら、いっそミラーレスにしたら?」ということだそうだ。柔軟な頭とは、かくもすごい発想をするものだと、ミラーレスを発案した方に敬服してしまった』

全くその通り。すごいや。
Panasonic、応援してますよ! 今後もいいもの作り続けて!
2012.01.20 Fri l 機材 l コメント (2) トラックバック (0) l top
元旦から山歩きでスタートした2012年だけど、正月休みはおおいに遊んで過ごしている。
2日も軽く山歩き。3日は家族で初詣。
4日があいて5日6日と山梨にスキーに行ってきた。

仕事始めは12日とゆっくりなので、まだまだのんびり気分。
どこかでもう少し山歩きしたいなー、と思っている。

でもそろそろカメラの準備を始めておかなくちゃ。充電とかね。


カメラと言えば、僕に直接は関わりないけど、ニコンからD4が発表になった。
デザインがちょっと変わって何とも言えない姿になったけど、機能的には高感度重視で画素数をあまり上げなかったから、方向的には良かったと思っている。

D800とやらが噂に上がっているけど、こっちが高感度と高画素と2パターンになるのかな。
どっちにしても実機が出てみないと分からないなー。

そういえばD4のカタログ読んでもデザインのことが一切書かれていないのがちょっと不思議。ジウジアーロじゃなくなったのかな??
2012.01.08 Sun l お仕事の話し l コメント (3) トラックバック (0) l top
明けました。2012年。
昨年は地震やら放射能やら、ずいぶんな一年でしたが、今年は良い年になると嬉しいですね!

さてさて、我が家のヨメとムスメは正月には決まって実家にお泊まり。
というのも、我が家にはテレビがないので、紅白歌合戦が見れないから。ムスメは紅白が好きで、大晦日から正月にかけて実家に泊まり込むのである。

ということで、僕は家族の予定とは無関係のフリータイム。
今年は、五日市(一部八王子市)の戸倉三山に行ってきました。
臼杵山、市道山、刈寄山で構成されているということでこの名称が付いているみたい。いつか行こう行こうと思っていたんだけど、なんだかんだ今まで行った事がなかった。コースタイムが7時間前後というロングコースだ。

標高は全体的に低くて、一番高い臼杵山でも842.1m。いわゆる低山だ。
だけど、コースの難易度は標高だけでは分からない…。
よく知らなかったんだけど、ココは「健脚向け」だったらしく、尾根はアップダウンが連続。コースタイムは7時間だけど一度登ってしまえば後は尾根に沿って楽ちんに歩けると思っていたのは大間違いだった…!

いくつかコースがあるようだけど、僕が行ったのはたぶんメインルート。
武蔵五日市駅からバスで荷田子まで行って、そこから入山。急坂で一気に標高を稼ぐ感じ。ぐんぐん登って、臼杵山~市道山~刈寄山と進んでいく。刈寄山の次には今熊山というのもあって、厳密には三山じゃないような気もするけど、あんまり気にしない。
ひたすら歩く。歩く。歩く。
長い道のりで足が疲れる…。軽く歩けると思っていたのに~…。
途中、あまりに腹が減ってきたので動けなくなる前に昼飯。今日は適当なつもりでいたのでカップラーメンだ。
正月早々カップ麺かよ、と思わなくもないが、山で食うとカップ麺もごちそうだ。
おまけに、この前友達からもらったマレーシアのBOH teaというのを飲んだんだが、コレがまた山に合う。
甘めの紅茶みたいのでチャイに近い感じなんだけど、カップ麺の後ということもあって非常にうまかった。

さてさて、進んでいくと、刈寄山から今熊山に向かう途中、何と軽い道迷いにあった。
歩いていると急に道が荒れてきて、それまでけっこうちゃんと整備されていたから「あれっ?」と思ったら最後には道がなくなってしまったのだ。どうやら間違って整備林道のような道に入り込んだらしい。
登り返しで嫌だったけど、迷ったら大変なので仕方なく来た道を登り返す。
すぐに正しい登山道に出たんだけど、自分が来た方向に戻るはずが進む方向に向かって復帰したもんだから、なんだか訳が分からなかった。しばらく方向感覚が飛んでったけどコンパス見たりして感覚を戻す。
あーびっくりした。
迷ったことなんてあんまりないから、ちょっと焦るよね。

進めや歩けや、だいぶ疲れてきた頃、ようやっと今熊山に到着。
今熊山には大きな神社があって、登山客ではない人もお参りに来ていた。

本来はここから登山道に沿って進んで、車道に出てからバスで五日市駅に戻るのが正規のルートなんだけど、地図にはろくに載っていない裏道的なルートがあって金剛滝というのを通って五日市側に歩いて戻れるルートを行ってみた。
バスは時間が読めないし、歩いて五日市に行けるならその方がずっといい。
金剛滝というのも小さい滝だったけど凍ってたりして見どころとしてはなかなかである。

なんだかんだで、休憩したり迷ったり裏道ルートに入っていったりして、駅に着いたのは16時近かった。
歩き始めたのが8時過ぎだったから、8時間!?? 長すぎだろ!
僕の携帯は万歩計がついているので見てみると、4万5千歩とか出てる。なんじゃそりゃ…。見たことない数字だってーの。

非常に疲れた一日だった。いやーよく歩いたわ。
しかし短いフリータイムを無駄にはできん。
明日も歩く!
2012.01.01 Sun l 日々の出来事 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。