FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
またまたやってきました、この季節。
暑~い夏がようやくどこかに行って涼しくなってくると、いよいよ運動会シーズン。
子どもも親も、先生も、そしてカメラマンも気合い充分!
みんなで楽しく頑張りましょう!
毎年、天気に泣かされて大騒ぎだけど、今年はどうか…??

メインは10月1日と8日。
1日が雨マークなんだよなー、天気予報だと…。

頑張った子どもたちにご褒美のお天気をぜひ!
スポンサーサイト
2011.09.27 Tue l お仕事の話し l コメント (0) トラックバック (0) l top
はじめての保育園に撮影に行った時、僕が挨拶をすると園長先生がちょっと驚いた顔をした。
ん? と思ったらなんと、毎回女性カメラマンを希望しているとのこと。
乳児クラスで男の人を見ると泣き出す子がいるらしく「僕でも泣くことがあるんですよ」と園長先生(園長先生は割と若い男性の方だった)。
なんだとーーー!

初っぱなからハードルが高いと思ったけど、結果的には大丈夫だった。
0歳児でも人見知りで泣く子はいなくて、1歳児はまとわりついてくるほどだった。
いやー、良かった良かった。
僕らは会社から「○○園に行って」と派遣されて行くので、その園の細かい事情をよく知らないまま伺うことになる。
まさか女性カメラマン希望とは知らず、非常にビックリした一日だった。


最近は女性カメラマンが増えている。
一昔前はカメラマンと言えば男性(しかもおっちゃん)ってイメージが強くて、女性カメラマンというのは少なかったと思うが、スタジオアリスを筆頭とする「子ども写真館」でもほとんどのスタッフが女性。
女性ならではの気配りと子どもに対するソフトな雰囲気を求めているんだと思う。
こういうビジネスが出現して、女性カメラマンの方が得な場面が増えてきた。
今回の保育園なんかでもそうだけど、「乳児に対しては女性の方がいい」と最初から言ってくるところもある。

確かに、ちっちゃい子だと女性の方がいいのかな~~? なんて思ったりもするけれど、必ずしもそうじゃない気もしている。
僕がお世話になっている子ども写真館でも、女性だから良いとは限らない。
社長は「女性の職場だ」というようなことを言っている。だけど、お客さんの中にも男性カメラマンの方がいいと言ってくれる人もいるし、若い女性社員を見ていても、社長の求めている「女性ならではの気配り」ができている人は多くないように思う。

僕はどっちかって言うと子どもに好かれるタイプらしく、あんまり嫌われることはない。ふざけたおっちゃんだと思われるみたいだ。
逆に若い女の子でも子どもに避けられる人もいる。
向き不向きもあるんだろうね。

結局、最終的には性別じゃないと信じたい。
最終的に性別が決め手だったらこの商売やってられんわ…。
2011.09.15 Thu l お仕事の話し l コメント (2) トラックバック (0) l top
よく、幼稚園の撮影で「なるべくアップの写真をお願いします」と言われる。
全体が写っているような「引き」の写真は先生でも撮れるから、自然で良い表情をアップで狙ってほしいということのようだ。
保護者の方もどちらかというとアップを好む傾向にあるようで、幼稚園からの要望もそれに合わせている部分もある。

まあそれはそれで良いと思うが、僕自身の好みでいくと、アップよりも少し引いた雰囲気の方が好きだ。
なぜかというと、幼稚園での写真では、子ども同士や先生との関わりが表現されている方が良いような気がするからだ。
全体が写っていて、どこで何をしているのか分かる写真の方が楽しい。

アップの写真というのは表情がよく出る代わりに、周囲の説明的な部分が欠ける。
幼稚園で撮っても家で撮っても、近所の公園で撮っても、たいして違いがない気がする。だから、アップの写真ばかり続くとつまらない。…ような気がする。
…気がするんだけど、アップの方が人気がある。

この原因の一つに、インターネットの普及があると思う。
最近の幼稚園や学校の写真というのは、撮影したものをインターネット上で公開して保護者の方に自宅で見てもらう、という方式を採っている事が多い。インターネットは確かにメリットも多くて便利。見る方は好きなときに見られるし、撮影する方もフィルムみたいに枚数を気にすることもないからたくさん撮れる。
だけど、どうしてもたくさんのサムネイル画像をパパパっとチェックしていくから、写真を壁に貼りだしていた時よりも写真全体に目がいかないのだ。1枚ずつの画像も小さいし。
そうなってくると、引きの写真よりもアップの写真の方に目がいってしまう。
…そういうことで、アップの写真が好まれているんじゃないか、と思うわけだ。

時代が変わって掲載の方法が変わっても、写真は写真。
見る方も、それが良い写真かどうか、1枚ずつゆっくりと見ていってほしいものだ。
そうすれば、引いた写真の良さにも気づいてもらえると思うんだけどな。


もちろんアップが嫌いなわけじゃないから僕もアップの写真も撮るけどね。
それだけだと、つまらない。
2011.09.10 Sat l お仕事の話し l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。